ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【F1レース速報】スタート直後にクラッシュ多数 ホンダ1台リタイア/F1第8戦フランスGP

2018年06月24日(日)23:21 pm

F1第8戦フランスGP決勝レースのスタート直後、いくつものクラッシュが発生した。

●【画像:決勝レース結果】2018年F1第8戦フランスGP決勝レースのタイム差、周回数

1コーナーでは2番手争いをしていたセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)がバルテリ・ボッタス(メルセデス)と接触して直進。この混乱で後方のクルマもコース外を走行することになった。

ベッテルとボッタスの2台はピットに入り、タイヤとパーツを交換してコースに戻った。

その後、1周目の別の場所では母国GP同士のエステバン・オコン(フォース・インディア)とピエール・ガスリー(トロロッソ・ホンダ)が接触。2台ともその場でリタイアとなった。オコンが他のクルマを避けたところに後方のガスリーも行き場を失い接触、サスペンションを壊してしまった。

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック