ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【ル・マン24時間】トヨタ中嶋一貴、ポールポジション獲得!アロンソは初ル・マンでポール獲得

2018年06月15日(金)10:16 am

14日(木)、FIA世界耐久選手権(WEC)第2戦ル・マン24時間レースの予選が行われ、TOYOTA GAZOO Racingの8号車がポールポジションを獲得した。

ポールポジションを獲得したのは中嶋一貴がドライブしたTS050 HYBRID 8号車 (中嶋一貴、セバスチャン・ブエミ、フェルナンド・アロンソ)だった。TS050 HYBRID 7号車 (小林可夢偉、マイク・コンウェイ、ホセ・マリア・ロペス)は2番手を獲得している。

今年グランド・マーシャルはル・マン24時間を6度制覇しているジャッキー・イクスだ。

トヨタは唯一のハイブリッドカーとして出場しており、悲願の初優勝へ向けて最も近いポジションにつけた。

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック