ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【ル・マン24時間】トヨタ小林可夢偉「初日としてはまずまず。決勝へ向けて仕上げる」

2018年06月14日(木)12:06 pm

13日(水)、FIA世界耐久選手権(WEC)第2戦ル・マン24時間レースの公式練習と予選1回目が行われ、TOYOTA GAZOO Racingは暫定ポールポジションにつけた。

■13日の結果

TS050 HYBRID 7号車 (小林可夢偉、マイク・コンウェイ、ホセ・マリア・ロペス):
公式練習 : 1番手 (3分18秒718), 54周
公式予選1回目 : 2番手 (3分17秒377), 33周

TS050 HYBRID 8号車 (中嶋一貴、セバスチャン・ブエミ、フェルナンド・アロンソ):
公式練習 : 2番手 (3分19秒275), 55周
公式予選1回目 : 1番手 (3分17秒270), 31周

■小林可夢偉(7号車)

「今日一日、とても上手くいったと思います。いつものことですが、コース上に車両が多く、思うようにタイムを出すのが難しい状況でした。出来るだけ多く走り、車両とタイヤのセットアップを進めることが重要です。

初日としてはまずまずでしたが、今日のデータを確認しながら決勝レースに向けて更に車両を仕上げなければなりません」。

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック