ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

リカルド、F1カナダGPでのグリッド降格ペナルティーを回避

2018年06月08日(金)19:23 pm

今週末のF1カナダGP(10日決勝)で規定数を超えるPU(パワーユニット)コンポーネント投入によるグリッド降格ペナルティーを受けることになりそうだと伝えられていたダニエル・リカルド(レッドブル)だが、それを避けられる見通しが立ったようだ。

■カナダでグリッド降格が濃厚だったリカルド

前戦モナコGPで今季2勝目をあげたリカルドだが、レース中盤以降はPUのMGU-K(運動エネルギー回生システム)にトラブルを抱えての苦しい走行となっていた。

MGU-Kについては今シーズンを通じて2基までの使用が認められているが、リカルドはすでに第3戦中国GPで2基目となるMGU-Kを投入しており、今後新たなMGU-Kに交換すればグリッド降格ペナルティーを受けることになってしまう。

しかし、モナコでのレース後、レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、リカルドがカナダで新たなMGU-Kを投入することは避けられそうだとの見通しを語っていた。

ところが、最近になってレッドブル最高技術責任者のエイドリアン・ニューイがやはりMGU-K交換は避けられないだろうと語ったことから、リカルドがモントリオールでグリッド降格ペナルティーを受けることになるものと考えられていた。

■カナダではペナルティーを回避できそうだとリカルド

だが、カナダGPのためにモントリオール入りしたリカルドは、このレースでグリッド降格ペナルティーを受けることになるのかと質問されると次のように答えた。

「まだだよ。練習走行で何かが起きない限りはね。だけど、今日の時点での答えはノーだ」

■次戦フランスGPではペナルティーを覚悟

だがリカルドは、もしカナダでペナルティーを受けるのを避けられたとしても、2週間後にポール・リカール・サーキットで行われるフランスGP(24日決勝)では新たなMGU-Kを投入することになるだろうと示唆している。

「そうだね、ポール・リカールではそうなるかもしれない」

そう語ったリカルドは次のように付け加えた。

「それに、もしペナルティーを受けるとしたらそちらの方がいいよ。今僕たちには勢いがあるからね」

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック