ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

トト・ヴォルフ、メルセデスの2019年ドライバー問題を語る

2018年05月07日(月)17:29 pm

メルセデスを率いるトト・ヴォルフ(エグゼクティブディレクター)が、2019年も現在のドライバーラインアップを継続することが最優先だと示唆した。

■うわさされるリカルドのメルセデス移籍

現在メルセデスのドライバーを務めているルイス・ハミルトンは現在の契約が今季で満期を迎えることになっている。そしてバルテリ・ボッタスも単年契約となっており、現時点ではまだ2019年のドライバー体制が確定していない状態だ。

メルセデスではハミルトン残留を強く望んでおり、ハミルトンの方もメルセデスとの契約更新を望んでいるとされており、契約内容の細部に関する詰めが終われば両者が新たに複数年の契約をかわすことはほぼ間違いないだろうと考えられている。

一方で、やはりレッドブルとの契約が今季までとなっているダニエル・リカルドがメルセデスもしくはフェラーリのシート獲得を視野に入れていると言われており、メルセデスがボッタスに替えて2019年にリカルドを迎え入れる可能性もあるのではないかとうわさされている。

■最優先はハミルトンとボッタス

しかし、ヴォルフはイタリアの『Corriere dello Sport(コリエーレ・デロ・スポルト)』に対し、チームとしては現在メルセデスとの契約下にあるドライバーたちに満足しており、ほかのチームに所属しているドライバーには興味はないと次のように語った。

「現時点ではメルセデス以外のドライバーを視野に入れたりはしていないよ」

「まず、我々は現在の2人を支援している。それが優先だ。自分の奥さんに満足していればほかの女性に目が行くことはないよ」

■ほかにも優秀な若手がいる

ヴォルフはさらに、仮に現在のドライバーのうちいずれかとの契約が不調に終わるなどして誰か別のドライバーを迎え入れる必要が生じるようなことがあれば、そのときは現在メルセデスとの契約下にあるドライバーたちの中から選ぶことになるだろうと示唆し次のように続けた。

「我々はバルテリのドライビングには非常に満足している。そしてルイスに関しては語る必要もないだろう。彼は現在最高のドライバーだと思っている」

「そして、我々にはほかにも若手がいる。エステバン・オコン(フォース・インディア)やジョージ(ラッセル/リザーブドライバー)などがね。私はメルセデスの今後については楽観的だよ」

■来季のドライバー確定は夏以降?

そう語ったヴォルフは、いずれにしても現時点では2019年のドライバー体制に関してはまだ何とも言えないと次のように付け加えている。

「もう何レースか様子をみる必要がある。ヨーロッパシーズンに入り、それからカナダに行く。そしてその後ハードな7月を迎えることになる。その後、よりよい展望を持てることになるだろうね」

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック