ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【WEC動画】スパ6時間、予選ハイライト動画 フィッティパルディが両足骨折したクラッシュシーン

2018年05月05日(土)9:42 am

5月4日(金)、ベルギーのスパ・フランコルシャン・サーキットで行われたFIA世界選手権(WEC)第1戦スパ6時間レースの予選ハイライト動画が公開された。

ポールポジションを獲得したのはTOYOTA GAZOO Racingの小林可夢偉/マイク・コンウェイ/ホセ・マリア・ロペス組(TS050 HYBRID 7号車)だったが、燃料流量計が予選前に申告していたものと異なるシリアルナンバーの部品が使用されていたことが予選後の車検で発覚したため、レースディレクターは予選タイム抹消および1周遅れでのピットスタートの通達を科した。

これにより、決勝レースは中嶋一貴/セバスチャン・ブエミ/フェルナンド・アロンソ組のTS050 HYBRID 8号車がポールポジションからスタートする。

また、予選中にピエトロ・フィッティパルディがドライブしていたドラゴンスピードのBRエンジニアリングBR1 10号車がオールージュで激しくクラッシュして両足を骨折。ヘリコプターで搬出された。

●【WEC】ピエトロ・フィッティパルディ、両足骨折 FIAが公式声明
●【WEC】ポール獲得のトヨタ7号車に厳しい裁定・・・予選タイム抹消と1周遅れのピットスタート
●アロンソ、バルセロナ公式テストは不参加
●【WEC】トヨタのアロンソ「オー・ルージュを駆け上がる時のハイブリッド・ブーストによる加速は最高」

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック