ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

今季初優勝のハミルトン「バルテリは優勝に値する走りだった。気を引き締めてフェラーリと戦う」

2018年04月30日(月)4:01 am

F1第4戦アゼルバイジャンGP決勝レースで今季初優勝を飾ったルイス・ハミルトン(メルセデス)が、複雑な心境を語った。

●【他の画像:レース結果】F1第4戦アゼルバイジャンGP決勝レースのタイム差、ピット回数、周回数

「今はすごく複雑な心境だ。バルテリ(・ボッタス)は優勝に値する並外れた仕事をしたし、ミスのないドライブをした。

とてもクレイジーでエキサイティングなレースだったし、僕は最後まで諦めなかった。僕は常にプッシュしていたけれど、それは本当の戦いだった。僕は勝利できたことをすごくありがたく感じている。

浮き沈みは受け入れなければならないし、俺が勝ったととやかく言うことはできない。事実を受け止めたら、うまくいけば今日から学べるだろう。しかし、バルテリは本当に、本当に不運だった。チームにとってワン・ツーフィニッシュなら素晴らしい結果だっただろうね。彼のタイヤブローがなければ、僕は残りの周回数で彼をつかまえることはできなかっただろう。

フェラーリは週末を通して僕たちを上回っていたし、まだ僕たちより良い車を持っているようだ。僕たちはレース中に彼らを抑えることができた。僕たちは間違いなくやるべき仕事をしているけど、すごく接戦だ。気を引き締めて仕事を続けなければならないね」。

●【動画】今季初優勝のハミルトン、フォトセッションで大喜び カメラマンやチームクルーにシャンパンファイト!
●【動画:決勝レース】ハミルトンが“棚ぼた”で優勝。最後までドラマが起こったF1第4戦アゼルバイジャンGP
●【決勝レポート】大波乱のレースでハミルトンが今季初優勝 ホンダも1ポイント獲得/F1アゼルバイジャンGP
●2018年F1チャンピオンシップ・ランキング(アゼルバイジャンGP終了後)

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック