ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【ホンダF1】「PUに厳しいバクーは、燃費とエネルギーマネジメントが重要。気温は今までと違う」

2018年04月26日(木)5:07 am

ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターが、第4戦アゼルバイジャンGPについてPU(パワーユニット)に厳しいサーキットだと述べた。

●【F1開催日時】第4戦アゼルバイジャンGP

■田辺豊治(ホンダF1テクニカルディレクター)

「長距離移動の連続だった開幕からの3戦を終え、今回はヨーロッパの東端、アゼルバイジャンでのレースになります。

バクー市街地サーキットは、旧市街にあるタイトなセクションと、2キロに及ぶロングストレートを持ち、同じように市街地を走るモナコやシンガポールとは異なるトラックレイアウトになっています。

PUにとっては厳しいサーキットなので、燃費とエネルギーマネジメントが重要になります。今年のアゼルバイジャンGPは第4戦での開催になったため、例年より早い時期にレースがあります。気温や路面温度も高めだった過去3年より下がると見込まれるので、それに合わせてセットアップを進めます」。

●【トロロッソ・ホンダ】ガスリー「バクーはミスが許されないサーキット」
●【トロロッソ・ホンダ】ハートレー「初めて走るバクー市街地サーキットが楽しみ」

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック