ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

グロージャン「バジェットキャップを導入すればF1がワクワクするものに変わる」

2018年04月21日(土)5:45 am

ハースのロマン・グロージャンが、F1チームの予算に上限値を定めるのはいいことだと思うと語った。

現在F1チームたちは2020年まで通称コンコルド協定と呼ばれる契約を結んでおり、その間は現行F1エンジンルールや収益金分配システムを大きく変えることはできない。

■バジェットキャップ導入を目指すリバティ・メディア

だが、昨年F1の新オーナーとなったアメリカのリバティ・メディアは、2021年以降については従来のルールを大きく見直すことでF1の改善につなげたいという希望を抱いている。

リバティ・メディアが提示した新F1運営方針の中には“バジェットキャップ”の導入も含まれている。これは現在青空天井状態となっているF1チームの年間予算に上限値を設けるというものだ。そうすることで各チームの開発力の差を小さくし、よりきっ抗したレースが行われることを目指しているのだ。

だが、フェラーリやメルセデスといった世界的自動車会社系のチームはこの方針に反対の意思を表明している。独自に設計製造された最新かつ高度なテクノロジーを用いたF1カーで戦うのが世界最高峰自動車レースのF1であり、そうした予算的足枷(あしかせ)をつけるのはF1のDNAを破壊することにつながるというのがそうしたチームたちの考えだ。

■予算制限すれば誰が勝つか分からないF1に

しかし、グロージャンはトップチームたちがつぎこんでいる巨額の予算に一定の制限が加えられれば、F1チームの差がもっと縮まってくるだろうし、その方がF1にとってはいいことだと考えている。

「僕はバジェットキャップの考えは大歓迎だよ」

グロージャンはブラジルの『Globo(グローボ)』にそう語り、次のように続けた。

「僕はMotoGP(世界最高峰の二輪選手権)のファンなんだけど、タイトル争いに目を向ければ(カル)クラッチロー(LCR Honda)がナンバー1で(ヨハン)ザルコ(Monster Yamaha Tech 3)が3番手につけているんだ。レースごとに毎回違う者が勝利できるわけだから素晴らしいよね」

「僕はそれと同じことをF1でも見たいんだ。あるレースではメルセデスが勝ち、次はフェラーリ、そしてレッドブル、それからフォース・インディアやハースが勝つといった具合にね」

そう語った32歳のグロージャンは次のように付け加えた。

「誰が勝つのか絶対に分からないとのはショーとして素晴らしいものだ。最後の1周までワクワクし続けるわけだから見たくなって当然さ」

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック