ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

好調ライコネン「体調が良いからパフォーマンスが良い?これまで体調に問題なんてなかった」

2018年04月15日(日)8:47 am

キミ・ライコネン(フェラーリ)は、チームのボスであるマウリツィオ・アリバベーネの「2018年はもっと良い体型になっている」という意見に同意できないようだ。

●【画像:予選結果】2018年F1第3戦中国GP予選Q1-Q2-Q3のタイム、周回数

2007年にF1世界王者になったライコネンも、もう38歳。今年はよりスリムに見えるとの声も多く、今年のパフォーマンスが良くなっていることにも関連していると見る者もいる。

マウリツィオ・アリバベーネは中国GPでフィンランドのメディアに「キミのパフォーマンスにはとても満足しているよ」と述べた。

「彼は今、体調が良く、彼にとっては非常に重要なことだ。彼のドライビングは良いし、とてもいい形で仕事に集中できているよ」

しかし、当のライコネンは疑問に思っているようだ。

「みんなどうやって体調を測定したの?見ただけだろ?」

「僕の意見では、体調を測定することはかなり疑わしい方法だよ」

「僕はあまりにも多くの体調のテスト、特にチームが知っているようなテストはあまりやっていないんだ。そうしたコメントの数々は少し奇妙だよ。これまで自分のコンディションに問題があったことはなかったんだから」。

●【トロロッソ・ホンダ】ジェームズ・キー「サーキット、寒さ、風に苦戦。気温が上がれば結果は良くなる」
●【トロロッソ・ホンダ】ハートレー「寒さと風で戦況が変わる。ポイントは狙えるしポジティブだよ」
●【トロロッソ・ホンダ】ガスリー「昨日はフロント、今日はリア。苦労したけどロングランは良い」
●【ホンダF1】「チームとしては残念だがPUは順調」
●【画像】レッドブル首脳「ホンダと手を切ったのはマクラーレンのミス」

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック