ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【F1】「燃料節約」時代は今年で最後? オーバーテイク増加に向けて新ウイングも検討

2018年04月15日(日)6:29 am

F1の「燃料節約」時代は終焉を迎えるかもしれない。

●【画像:レース結果】2018年F1第3戦中国GPのタイム差、周回数、ピット回数

F1エンジン時代からパワーユニットと呼ばれるハイブリッド時代に突入してから、ドライバーが「リフト・アンド・コースト」と呼ばれる戦術を使って燃料を節約しながらチェッカーフラッグまで走るのが当たり前になっている。

■「燃料節約」時代は終焉?

しかし、『Auto Motor und Sport(アウト・モートア・ウント・シュポルト)』は、4月17日に開催される戦略グループ会議で、今後、燃料制限を完全に廃止する提案が議論されると報じている。

少なくとも、燃料制限が緩和される可能性があるという。「今の規則はあまりにも低く設定されている」とメルセデスのエンジニアは語ったようだ。

■ウイング形状変更で「オーバーテイク」増加を

火曜日の会議で議論されるもう1つの話題は「オーバーテイク」を増加させるために、2019年のウイング形状を変更しようというものだ。

ルノーのテクニカル・ボスであるボブ・ベルは、「イエス。来年に向けた合意まで、まだ時間があるよ」と述べた。

●【動画】トロロッソ・ホンダ・・・同士討ちシーンはこちら
●【動画】ベッテルとフェルスタッペンの接触シーン動画
●【決勝レポート】リカルドが大逆転勝利!同士打ちを演じたホンダ勢は惨敗
●【ポイントランキング表】F1第3戦中国GP決勝レース終了後

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック