ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【正式レース結果に変動】トロロッソ・ホンダにペナルティ/F1第2戦バーレーンGP

2018年04月09日(月)8:17 am

F1第2戦バーレーンGP決勝レースが日本時間9日(月)0時10分から行われ、フェラーリのセバスチャン・ベッテルが開幕から2連勝を飾ったが、レース後、2台にペナルティが科されたことで順位変動があった。

●【写真:正式レース結果】F1第2戦バーレーンGPのタイム差、周回数、ピット回数

■1:セルジオ・ペレス、30秒加算

セルジオ・ペレス(フォース・インディア)に30秒加算のペナルティが科された。

12番グリッドだったペレスは、フォーメーションラップの1コーナー手前で11番手のブレンドン・ハートレー(トロロッソ・ホンダ)を抜いてしまい、その後、順位を元に戻そうとしなかった。

また、フォーメーションラップ開始時のハートレーに著しい遅れはなかった。

これにより10秒のストップアンドゴーペナルティを科すことにしたが、この裁定が下されたのはレース後だったため、レース結果に30秒加算することになった。

■2:ブレンドン・ハートレー、30秒+2ペナルティポイント加算

もう一人のペナルティは、上記ペレスに関連したハートレーだ。

ペレスに抜かれたハートレーは、最初のセーフティカーラインまでに順位を戻せず、その場合にはピットレーンスタートになると定められているが、それもしなかった。

この結果、ハートレーにも10秒のストップアンドゴーペナルティが科されたが、この裁定が下されたのはレース後だったため、レース後タイムに30秒が加算された。さらに2ペナルティポイントまでも加算されてしまい、12ヶ月累計で4ペナルティポイントとなった。

■正式リザルトに変動

このペナルティにより、セルジオ・ペレスは12位から16位へ、ブレンドン・ハートレーは13位から最下位の17位へ降格されることになった。

●【ホンダF1】強いホンダが戻ってきた!「今夜だけはこの瞬間を楽しみたいが、まだ始まりにすぎない」
●【ホンダF1】好調ホンダ・パワー、レッドブルとの契約へ前進か
●【トロロッソ・ホンダ】ピエール・ガスリー「全開でプッシュしながらタイヤをマネジメントして、ハースをコントロールした」
●【トロロッソ・ホンダ】ピエール・ガスリー「ホンダも最高の結果、日本のみんなもスーパーハッピーなはずさ」
●【トロロッソ・ホンダ】トスト代表、ピエール・ガスリーを称賛「まるで100戦目のようだった」
●【マクラーレン】悪い結果に「大規模調査」へ トップ3に挑むのはホンダ?

●【決勝レポート】ベッテルが2連勝!トロロッソ・ホンダが4位!

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック