ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

マーク・ウェバー「フェラーリがF1から去るはずがない」

2018年03月20日(火)16:59 pm

元F1ドライバーのマーク・ウェバーが、もし本当にフェラーリがF1から撤退するようなことになったら「びっくり仰天するだろう」と語った。

昨年F1新オーナーとなったリバティ・メディアは、現在のF1を改革していくことを目指している。そして昨年10月には2021年以降に導入を検討している新F1エンジン規格案を提示。さらに、今後F1チームの予算に一定の上限値を設けることも検討している。

だが、メルセデスやフェラーリはこうしたリバティ・メディアの方針に反発。特にフェラーリの場合は会長のセルジオ・マルキオンネが2020年シーズン限りでF1から撤退する可能性を示唆するなど、今後事態がどのような進展を見せるかに注目が集まっている。

だが、かつてウィリアムズやレッドブルで活躍したウェバーは、メルボルンのローカル紙『The Age(エイジ)』に次のように語った。

「今は裏で少しばかりチェスの試合が行われているような感じだね」

だがウェバーは、フェラーリは最終的にはF1にとどまるはずだと考えている。

「彼らは(F1で)自分たちのテクノロジーを示したいんだ」

「(F1は)非常に先進的で高度なテクノロジーが使われるスポーツだし、魅力的でもあるからね」

そう語った41歳のウェバーは次のように付け加えた。

「もしフェラーリが2021年にいなかったら僕は間違いなくびっくり仰天するだろうね。でも、絶対にないとは言えないけれどね」

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック