ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【動画】アロンソ、新車『MCL33』でスピンした瞬間の動画が公開/バルセロナテスト1日目

2018年02月26日(月)20:06 pm

バルセロナサーキットで始まった2018年プレシーズンテスト1日目。開始早々6周目、セッションは赤旗になった。原因はフェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ルノー)だった。

グラベル(砂利)にハマって動けなくなっているのはパパイヤオレンジカラーをまとったマクラーレン・ルノーのフェルナンド・アロンソだ。

F1公式サイトはスピンする瞬間の動画を公開した。アロンソが右コーナーへ進入した際にバランスを崩し、タイヤのスキール音が聞こる。そしてコース上でスピン状態となり、クルマが真横を向いてグラベルに左後ろから突っ込んでいく時にはホイールが外れて飛んでいるのがわかる。マクラーレン・ルノーのMCL33は砂ぼこりを上げながらグラベルの中で止まった。サスペンションが折れた様子でもなく、ホイールが外れたように見える。

マクラーレンのガレージに戻った新車MCL33は、車体から砂利を取り除く清掃作業が行われているようで、それほど深刻なトラブルでもなさそうだ。

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック