ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

ルノー、スペインのビールメーカーとの関係を強化 カルロス・サインツ効果で財政面を強化

2018年02月21日(水)19:09 pm

ルノーF1チームは、昨年10月から始まった『エストレージャ・ガリシア 0,0(Estrella Galicia 0,0)』との契約を強化し、ターニングベーンとヘッドレスト、その他チームの各所や、カルロス・サインツのヘルメットやレーシングスーツにも表示される。

エストレージャ・ガルシアは、1906年にスペインで設立されたビールブランドだ。

シーズンを通して数々の革新的なイベントなどが計画されているという。

●【画像・動画】ルノーF1、新車『R.S.18』を発表 リザーブは22歳の韓国系ドライバー

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック