ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

レッドブル・ホンダ誕生は今シーズン前半がカギに・・・「ホンダは自分たちが犯した失敗から学んだはず」

2018年02月19日(月)16:57 pm

レッドブルでは2018年F1シーズンの前半が終了した時点で、2019年からホンダPU(パワーユニット)を搭載するかどうかの決定を行うことになりそうだ。

■2019年にレッドブル・ホンダ誕生の可能性

2015年にマクラーレンと組んでエンジンサプライヤーとしてF1への挑戦を再開したホンダだが、マクラーレンとのコラボレーションが結実することはなく、2017年限りで関係が解消されることとなった。

そしてホンダは今年、レッドブルのジュニアチームであるトロロッソにワークスPUを供給することになっている。

一方、レッドブルとルノーのPU供給契約も今季が最後になると考えられており、トロロッソに搭載されるホンダPUのパフォーマンスや信頼性が一定レベル以上に到達するようであれば、2019年にはレッドブル・ホンダが誕生することになるだろうとのうわさもささやかれている。

■ホンダは今年の夏までにルノーに追いつく

そうした中、レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、ドイツの『Auto Motor und Sport(アウト・モートア・ウント・シュポルト)』に次のように語った。

「ここまでのところ、ホンダには前向きな驚きを感じているよ。彼らの献身ぶりや情熱に関してもね」

「私は、彼らは間違いなく自分たちが犯した失敗から学ぶことができたと思っている」

「ここまでのところ、動力テストの結果によれば、エンジンには信頼性がある。私としては、シーズン中盤までにはエンジンがルノーのレベルに追いつくことは可能だろうと考えているよ」

■レッドブル・ホンダ誕生の可能性は?

ということは、もしホンダPUがその期待に応えるパフォーマンスや信頼性を発揮すれば、レッドブルが2019年からホンダPUを搭載することになる可能性がかなり高くなりそうだ。

「レギュレーションが変わったから、翌年はどのエンジンで戦いたいのかということを夏までに発表しなくてはならない」

そう続けたマルコは、次のように付け加えた。

「我々としてはすべてを分析してから決断をすることになるよ」

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック