ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【新車】ハースF1、正常進化VF-18「トップチームとのギャップを埋める」

2018年02月15日(木)2:01 am

ハースF1チームは、2018年の新型F1カー『VF-18』を公開した。VF-18は、2017年のコンストラクターランキングを8位で終えたマシンVF-17の進化版だ。

●【動画・写真】ハースF1、2018年の新車『VF18』を公開!新車第一号

2017年はハースF1チームとして2年目のシーズンで、VF-17は47ポイントを獲得し、デビューシーズンの2016年よりも18ポイント多く獲得していた。

3シーズン目を戦うVF-18には、義務化された頭部保護装置『HALO(ヘイロー)』が取り付けられており、エンジンカウル上の大きな『シャークフィン』と『Tウィング』はないものの、小さなフィンは残った。

■ジーン・ハース チームオーナー「トップチームとのギャップを埋める」

2016年、1986年以来となるアメリカF1チームを始動させたチームオーナーのジーン・ハースは次のようにコメントした。

「人々はハース・オートメーションが世界最高クラスの工作機械を製造できると信じているし、我々がF1で何ができるのかを見ている」

「F1に参戦するということは、伝統的な広告では得られない信頼性のレベルをもたらしてくれる」

「我々は弱い部分だとわかっていたことの多くは排除したよ」

「我々は一貫して、トップチームとのギャップを埋めるために、我々の車に何をすべきかということにフォーカスしてきた」

■ギュンター・シュタイナー代表「ヘイローが最大の変化」

ハースF1チーム代表のギュンター・シュタイナーは「この車の進化の最大のポイントは、ヘイローの追加だった」と語った。

「エアロダイナミクスの研究はかなり苦労したが、設計者はシャーシを改造するために頑張らなければならなかった。ヘイローのために車の総重量は増えたし、ヘイローが付いたことによって重心が高くなった。しかし、誰もが同じ条件だ」

「レギュレーションは2017年から2018年の間に大きな変化はなかったため、VF-18は昨年の車の進化版となった。大きな改革はないが、洗練されている。今年の車は、昨年の車の要素を見ることができる」

「2017年の車は実際にはかなり良いものだったが、常にベストなわけではなかったので、2018年は常にベストを尽くせることを目指した。我々は可能な限り軽い車にしたことでバラスト(重り)を積むことができた。我々が望んでいた場所に重量を配分することができたんだ」

「カラーリングは、我々の最初の車VF-16の色合いに戻した。その外観は、(親会社の)ハース・オートメーションによって作られた工作機械のように、きれいで正確だ」

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック