ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

「最高峰シリーズの座は譲らない」とF1最高責任者

2018年02月13日(火)5:15 am

F1最高責任者のチェイス・キャリーが、フォーミュラEのアレハンドロ・アガグ代表のコメントに反論を行った。

アガグは最近、あと10年か20年もすればフォーミュラEがF1に取って代わって世界最高峰モータースポーツとなるだろうとコメントしたことが報じられていた。

だが、キャリーは笑い顔を浮かべながらドイツの『Sport Bild(シュポルト・ビルト)』を含む複数のメディアに次のように語った。

「彼が(未来を占える)水晶玉を持っているのはいいことだね」

「フォーミュラEは我々にとってライバルではないんだ。それは我々全員に関係のあるもの、つまり環境問題を象徴するものだ。だが、私に言わせればスポーツイベントと言うよりは市街地パーティーのように見えるよ」

「そこを訪れたことがある人たちはそこには音楽もあっておいしい食べ物もあったから楽しかったと言っているよ。だがF1は世界中で見られているし、今後さらに新たなレベルへと進んでいくチャンスもある」

そう語ったキャリーは、次のように締めくくっている。

「それに、私はほかのカテゴリーが我々を助けることにもなると思っている。彼らによって(モータースポーツへの)興味が生み出されるからね。だが、最高峰シリーズはF1であり続けるよ」

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック