ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

フェルスタッペン「ルノーエンジンでもF1タイトルを狙える」

2018年02月09日(金)16:42 pm

レッドブルのマックス・フェルスタッペンが、2018年シーズンには初のF1ドライバーズタイトル獲得に挑戦しようと意気込んでいる。

大方のF1関係者やファンの間では2018年のF1もメルセデスAMG対フェラーリという構図になるだろうとの予想が大勢を占めているようだ。

だが、2017年シーズンには“3番目のチーム”が定位置だったレッドブルも2018年に向けてかなり強気の姿勢を見せている。

■2018年は最初から飛ばしていく

「2018年に向けた準備は整っているよ」

ドイツの『Sport Bild(シュポルト・ビルト)』にそう語ったレッドブル首脳のヘルムート・マルコは次のように続けた。

「これまでの何年間かは、シーズン序盤に技術的な問題を抱えてしまっていた。だが、今年はすべてが予定通りに進んでいるよ」

「私は最初のテストから自分たちが戦闘力を発揮でき、2017年シーズン終盤に示した調子を継続していけるだろうと確信しているよ」

■早くタイトルを取りたいとフェルスタッペン

20歳のフェルスタッペンも「可能な限り早くタイトルを取りたいと思う」と語り、2018年にはそのチャンスがあるだろうと示唆している。

だが、レッドブルやフェルスタッペンにとって唯一気がかりなことは搭載するルノーPU(パワーユニット)のパフォーマンスや信頼性だろう。

しかし、フェルスタッペンは、信頼性問題はともかくパフォーマンスに関してはそれほど大きな問題にはならないだろうと考えているようだ。

フェルスタッペンは、セバスチャン・ベッテル(現フェラーリ)を擁して2010年から2013年まで4年連続でレッドブルがF1タイトルを独占したことに言及しながら次のように付け加えた。

「レッドブルは少々力が足りないエンジンでもチャンピオンになれるよ。そのことはすでに4回も示しているんだからね」

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック