ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

鈴鹿ファン感、セナ初戴冠30年記念Tシャツや259万円ライコネングッズなど販売

2018年02月08日(木)16:34 pm

鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)は、2018年3月10日(土)・11日(日)に開催する「2018モータースポーツファン感謝デー」において、アイルトン・セナの鈴鹿サーキットF1日本グランプリ初優勝、初ワールドチャンピオン獲得から30年を記念したオリジナルグッズの販売をすると発表した。

『アイルトン・セナ ワールドチャンピオン30周年記念コラボTシャツ』は、アイルトン・セナが鈴鹿サーキットで優勝し、初のワールドチャンピオンを獲得してから30年を記念したオリジナルTシャツだ。背面には1988年のF1日本グランプリで、ワールドチャンピオンを獲得した際に語ったメッセージがプリントされている。価格は黒、白ともに各4,800円(税込)で、GPスクエア オフィシャルショップや、サーキットプラザで販売する。

■259万円のプレミアムグッズ販売も

また、パドック内にあるセンターハウス2階で開催する「モータースポーツプレミアムショップ」では、実際にF1ドライバーが使用したグッズやレーシングスーツをはじめ、過去から現在までのモータースポーツに関連したプレミアムグッズを販売する。

一例として、2005年にキミ・ライコネンが実際に使用したステアリングホイールは2,592,000円(税込)、2010年にミハエル・シューマッハが実際に使用したレーシングスーツは1,026,000円(税込)だ。

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック