ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

マクラーレンの復活を予想するピレリ責任者

2018年01月29日(月)18:53 pm

F1公式タイヤサプライヤーであるピレリのF1責任者が、2018年にはマクラーレンが強さを発揮するはずだとの見解を示した。

ポール・ヘンベリーの後任として2017年からピレリのF1プロジェクト責任者に就任したマリオ・イゾラは、スペインの『Marca(マルカ)』に次のように語った。

「今年のF1選手権は面白いものになるだろうね」

「昨年はフェラーリがメルセデスAMGに非常に接近したし、レッドブルも大きな進歩を見せた。今年はマクラーレンを含む5つか6つのチームが優勝争いをすることを期待しているよ」

そう語ったイゾラは、今年からルノーPU(パワーユニット)を搭載することになるマクラーレンにとって最大の強みはドライバーのフェルナンド・アロンソの存在だと考えている。

「フェルナンドは間違いなく世界最高レベルのドライバーだ。そして今年は彼がその実力を示すことができるだろう」

アロンソの母国スペインのメディアにそう述べたイゾラは、次のように付け加えた。

「2018年にはマクラーレンが大きく飛躍し、彼らにふさわしい場所に戻ってくるだろうと確信しているよ」

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック