ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

「フェラーリがいなくなればF1はやっていけなくなる」とエクレストン

2018年01月06日(土)5:16 am

前F1最高責任者のバーニー・エクレストンが、F1新オーナーのリバティ・メディアはフェラーリのセルジオ・マルキオンネ会長が示唆しているF1撤退の可能性についてもっと真剣に受け止めるべきだと語った。

■新F1エンジンルール案に大反対のフェラーリ

2017年の10月末に新F1オーナーのリバティ・メディアが2021年以降のF1エンジンルール案を提示したが、これに対しては現行エンジンサプライヤーであるメルセデス、フェラーリ、ルノーらがこぞって反対している。

とりわけ、強硬なのがフェラーリだ。マルキオンネ会長は、もし現在の案が修正されなければフェラーリはF1から撤退するだろうとのおどしをかけている。

■現在のF1エンジンがF1人気衰退の原因

「私だったら今のエンジンは捨ててしまっていただろう。これが導入された日以降はまさに悲惨だったよ」

以前からPU(パワーユニット)と呼ばれる現行F1エンジンに対して批判的な立場をとっていたエクレストンはそう語ると、次のように付け加えた。

「だが、私は2年前にチームたちに言ったんだ。もし燃料流量と燃料搭載量を増やすのであれば、このどうしようもないエンジンを使い続けることもできるとね」

■フェラーリのおどしを甘くみてはならない

フェラーリがF1撤退をちらつかせたのは今回が初めてではない。ルカ・ディ・モンテゼモーロが会長を務めていたころにも何度かそういうおどしをかけたこともあった。だが、エクレストンはリバティ・メディアは今回のフェラーリのおどしに関してはもっと真剣に受け止めるべきだと考えている。

「ルカ・ディ・モンテゼモーロのときはそれほど真剣に受け止める必要はなかった。なぜなら、モータースポーツは彼にとって人生そのものだったからね」

「だが、セルジオ(マルキオンネ)はF1がなくても生きていけるんだ。彼が興味を持っているのはビジネスだけだからね。もしマルキオンネが自分の意に沿わないと思えば、彼は(F1を)やめてしまうだろう」

そうドイツの『Auto Motor und Sport(アウト・モートア・ウント・シュポルト)』に語った87歳のエクレストンは次のように付け加えた。

「フェラーリはF1がなくても生きていけると思うが、その逆はないと思うよ」

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック