ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

フェラーリ、2018年から電子タバコがスポンサーに?

2017年12月11日(月)18:40 pm

フェラーリが2018年に向けて新たな大口スポンサーとの契約を発表することになるかもしれない。

最近、これまでフェラーリのメインスポンサーを務めていたスペインのサンタンデール銀行がF1での広告宣伝活動から撤退することが明らかとなった。

これにより、スペイン人ドライバーのフェルナンド・アロンソが加入した2010年以来フェラーリF1マシンに描かれ続けてきたサンタンデールのロゴは今年限りで姿を消すことになる。

そして、このほどスペインの『ABC』紙が報じたところによれば、2018年のフェラーリF1マシンのリアウイングには、これまでのサンタンデールに代わって“IQOS(アイコス)”のブランド名が掲示されることになるだろうという。

現在、F1ではタバコの広告は禁止されている。だが、それにもかかわらずかつてマールボロのブランドロゴをフェラーリのF1カーに掲示していたタバコ会社のフィリップモリスが今もフェラーリのスポンサーを務めていることはよく知られた事実だ。

そして、今回報じられた“アイコス”は、フィリップモリスが販売しているハイテクを用いた電子タバコだ。

『ABC』によれば、「フェラーリはサンタンデールに代わる契約をアイコスと結ぼうとしており、その最終段階に入っている」という。

現時点では、電子タバコの“アイコス”が、禁止されているタバコ広告に該当するのかしないのか、まだ明らかとはなっていないようだ。

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック