ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

アラン・プロスト「来年のルノーF1はレッドブルやマクラーレンに勝てない」

2017年12月07日(木)16:43 pm

元F1ドライバーのアラン・プロストが、2018年にはルノーのワークスチームがカスタマーチームに負けてしまうだろうと語った。

■いまだ中団グループから抜け出せないルノーF1

2016年にロータスを買い戻す形で再びF1にワークスチームを送り込んだルノーだが、その初年度はコンストラクターズランキング9位、2年目の今年は最終戦でトロロッソを逆転してなんとか6位で終えている。

しかし、ルノーはいまだ中団グループに位置している状態であり、同じ自動車メーカー系ワークスチームであるメルセデスAMGやフェラーリと戦える状態とはなっていない。

■2018年もレッドブルやマクラーレンには勝てない

現在ルノーF1の特別アドバイザーを務めているプロストは、メルセデスAMGやフェラーリはおろか、来季は自分たちが供給するルノーエンジンを搭載するカスタマーチームに勝つことさえ難しいだろうと考えている。

もちろん、そのカスタマーチームとはこれまで長年のパートナー関係にあるレッドブルと、来季から新たにルノーエンジンを使うことになったマクラーレンだ。

プロストは、ドイツの『Auto Motor und Sport(アウト・モートア・ウント・シュポルト)』に次のように語った。

「私にとってプレッシャーがあるのはいいことだよ。たとえそれが難しいことだとしてもね」

「ファクトリーチーム(ルノー)は2つの安定したチーム(レッドブルとマクラーレン)と戦うことになる。それらのチームは現在ルノーが築きつつある完成された組織をすでに有している」

「それに、それらのチームはどちらも、おそらくは最高レベルだと言っていいトップドライバーたちをそろえている」

「理論上は、我々はレッドブルやマクラーレンにはかなわないだろう」

■毎年進歩を重ねていくことが重要

本来2017年にはコンストラクターズランキング5位となることを狙っていたルノーだが、最終的にはその目標を達成することはできなかった。しかしプロストは、2018年のルノーはさらに向上できるはずだと次のように続けた。

「来年はもっとよくなるだろう」

「そして、カスタマーチームと比較することで、トップチームに近づくための経験をさらに増やしていくこともできるはずだ」

「我々はずっとここ(F1)にいるつもりだ。だから毎年進歩を重ねていくことが重要なんだ」

そう語った62歳のプロストは次のように付け加えた。

「結局のところ、もし勝利したいと思うのであれば、全員を打ち負かす必要があるわけだからね」

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック