ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

「ルノーは一歩ずつ着実な進歩を目指す」とプロスト

2017年12月05日(火)11:35 am

2017年にルノーF1チームの特別アドバイザーに就任したアラン・プロストが、まずは一歩一歩前進していくことを目指し続けることが重要だと主張した。

かつて自分たちのワークスチームであったロータスを買い戻す形で2016年から再びフルワークス体制でのF1挑戦をスタートさせたルノーだが、その初年度はコンストラクターズランキング9位で終えたものの、2年目の2017年は最終戦でトロロッソを逆転して6位まで順位アップを果たしている。

「我々は現実的でなくてはならないし、目標に関しては注意深くあるべきだと思う」

現役時代には4度F1王者となった元F1ドライバーのプロストは、母国フランスの『Auto Hebdo(オト・エブド)』にそう語ると次のように続けた。

「どうしてかって? なぜなら、我々の上にいるチームたちはもう何年もかけて築き上げられてきているからだよ。我々には一歩ずつ進歩を遂げていくことが必要だが、常に成長していることを示し続けなくてはならないんだ」

「それは、メルセデス、フェラーリ、そしてレッドブルとのギャップを縮めるためには何をする必要があるかということを認識するためだ。我々が来年示さなくてはならないことは、1周あたり1.5秒遅いのを0.8秒に縮めることなんだ」

「そうやって進んでいく必要があるのさ」

そう語ったプロストは次のように付け加えた。

「我々には単にクルマだけではなく、チーム精神や詳細にまで行き届く注意力などを作り上げていく必要があるからね」

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック