ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【発表】アルファロメオ・ザウバー、2018年ドライバーラインナップを発表

2017年12月03日(日)0:03 am

初代F1王者ニーノ・ファリーナとともにF1の歴史に名を残してきたアルファロメオが31年ぶりにF1に復活。その記念すべき復活初年度となる2018年、アルファロメオ・ザウバーのドライバーラインナップが発表された。

これまで、フェラーリ系ドライバーが2人送り込まれる可能性もうわさされてきたが、マーカス・エリクソンがF1参戦4年目となる残留を決めた。そしてもう一人は、F2チャンピオンに輝いたフェラーリ育成ドライバーでザウバーのリザーブドライバーだったシャルル・ルクレールのF1フル参戦デビューが決まった。

フェラーリ育成ドライバーでレギュラードライバー候補だったイタリア人のアントニオ・ジョビナッツィは、サードドライバーに就任した。

今季ザウバーのドライバーで評価の高かったパスカル・ウェーレインは、ウィリアムズでのF1残留を目指すことになる。

●【公式】アルファロメオ・ザウバー、ロゴお披露目
● 【お披露目】アルファロメオ・ザウバー、2018年カラーリングを発表

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック