ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

リバティ・メディアのやり方を支持するレッドブルのボス

2017年11月30日(木)17:26 pm

レッドブルのチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーが、自分はF1の新オーナーとなったアメリカのリバティ・メディアのやり方を支持すると主張した。

■トップチームとリバティ・メディアの間には溝

今季からF1の新オーナーとなったリバティ・メディアは、これまでのF1運営の改革に着手しており、すでにいくつかの手を打つとともに、2021年以降の新F1エンジンルール案も提示している。

だが、現在のF1トップチームであるフェラーリやメルセデスはリバティ・メディアが何を目指しているのか分からないと公然と批判を行うとともに、自分たちの意にそぐわないルールが導入されるのであれば2020年限りでF1から撤退することもあり得ると、事実上のおどしに出ている。

■F1チームに無利息ローンも申し出たリバティ・メディア

フェラーリやメルセデスとしては、F1の収益が減少方向にあることでF1チームの収入も少なくなってしまうことも問題のひとつだと主張している。

だが、ドイツの『Auto Motor und Sport(アウト・モートア・ウント・シュポルト)』によれば、リバティ・メディアでは収益が落ち込んだのを補うために、必要なF1チームには無利息での資金貸し出しを行うと申し出たという。

伝えられるところによれば、プライベートチームとして2年連続でコンストラクターズランキング4位となったフォース・インディアがこのリバティ・メディアからの申し出を受け、200万ドル(約2億2,500万円)のローンを受けることになっているという。

■リバティ・メディアを歓迎するとホーナー

以前は前F1最高責任者のバーニー・エクレストンと仲がよかったことで知られているレッドブルのホーナーだが、リバティ・メディアのやり方を支持すると次のように語った。

「バーニーはワンマンショーだったし、誰も代わることはできなかった。最終的にこのスポーツに投資する新オーナーを迎えることになったのは当然の成り行きだったんだ。そのことについて私は全く悪いことではないと思っている」

「我々もその配当を手にできることを期待はしているが、2019年から2021年まではそれは望めないだろうね」

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック