ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

ハミルトン「2018年もカーナンバー1は付けない」

2017年11月30日(木)11:33 am

2017年のF1チャンピオンとなったルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)が、来年もチャンピオンナンバーであるカーナンバー“1”を使うつもりはないと主張した。

■2015年以降F1から消えたカーナンバー“1”

F1では前年度のF1チャンピオンがカーナンバー1を付け、そのほかのドライバーはコンストラクターズランキング上位から順にカーナンバーが割り振られるというのが長い伝統となっていた。

だが、2014年にドライバーが自由に自分のカーナンバーを選べるパーソナルナンバー制度が導入され、F1チャンピオンとなったドライバーは翌年度に1を付けるか、自分の選んだナンバーを付けるか選択ができるというルールに改定された。

この年、レッドブルで2013年のF1チャンピオンとなったセバスチャン・ベッテル(現フェラーリ)は、“5”というパーソナルナンバーを取得したものの、レースにはカーナンバー1を付けて臨んでいた。

その2014年に自分が選んだカーナンバー44を付けてドライバーズタイトルを獲得したハミルトンだったが、翌2015年も1ではなく44を選択。2015年も2年連続でチャンピオンとなったハミルトンは2016年もやはり44を付けていた。

2017年は2016年にF1チャンピオンとなったニコ・ロズベルグがすでに引退してしまったため、カーナンバー1を付ける資格のあるドライバーはいなかったわけだが、今年チャンピオンとなったハミルトンはまた2018年に1を付けるか44を付けるか選択ができることになっている。

■カーナンバー1を付けるようプレッシャーをかけられているとハミルトン

前年のチャンピオンがカーナンバー1を付けるという伝統を懐かしむ者や、チャンピオンナンバーである1のステータスを重く見る者も多く、ハミルトンに2018年には1を付けて欲しいという要望も寄せられているようだ。

「僕のエンジニアたちはそうして欲しいと言っているし、ほかにも何人かがそうして欲しいと言っているよ」

ブラジルの『Globo(グローボ)』にそう認めたハミルトンは次のように続けた。

「彼らは僕のクルマに1番を付けさせようとしているんだけど、僕は自分の計画を変えるつもりはないよ。44番が僕のナンバーだからね。誰だって自分のラッキーナンバーを持っているものさ」

「ひょっとしたら44の間に1を忍ばせるとか、何かそういうことをやるかもしれない。何かそういう遊び心を加える可能性はあるかもしれないね。だけど、僕は本当にこのナンバー1問題は好きじゃないんだ」

そう主張したハミルトンは、ほほ笑みを浮かべながら次のように付け加えた。

「昔はほかのドライバーはそうしていた。だけど44は僕だけのナンバーなんだ」

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック