ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【発表】フェルナンド・アロンソ、トヨタをテスト ル・マン出場へ一歩前進

2017年11月19日(日)8:42 am

本日11月19日、フェルナンド・アロンソがFIA世界耐久選手権(WEC)のトヨタのLMP1『Toyota TS050 HYBRID』をバーレーン・インターナショナル・サーキットでテストすることが発表された。

F1で2度の世界チャンピオンであるアロンソは、マイク・コンウェイと、WECルーキーテストで選ばれたトマ・ローランとともに、バーレーン6時間でレースを終えたばかりの『Toyota GAZOO Racing』のクルマをドライブする。

マクラーレン・ホンダのF1ドライバーでもあるアロンソは、2014年にはグラン・マーシャルとしてル・マン24時間のスターターを務めていた。

フェルナンド・アロンソは、長いことWECのLPM1をドライビングするという希望を持っており、耐久レースでの未来についての話し合いを続けてきた。

アロンソはバーレーン王室の招待客として、土曜日からバーレーン・インターナショナル・サーキットに来ていた。

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック