ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【決勝レポート】フェラーリが逆転優勝 マクラーレン・ホンダは8位/F1ブラジルGP

2017年11月13日(月)3:25 am

2017年F1第19戦ブラジルGPが12日(日)、インテルラゴス・サーキット(1周4.309km)で3日目を迎え、現地時間14時(日本時間13日1時)から行われた決勝でフェラーリのセバスチャン・ベッテルが優勝した。今季5勝目、通算47勝目。

●【決勝結果】F1ブラジルGP決勝レースのタイム差、周回数、ピット回数

■ベッテルがスタートでトップに浮上

青空のもとでスタートしたレースだが、最初のコーナーで2番グリッドからスタートしたベッテルがポールシッターのバルテリ・ボッタス(メルセデスAMG)をとらえて先頭に立つ。

ところが、このあとに波乱が起きる。12番グリッドからスタートしたストフェル・バンドーン(マクラーレン)と14番グリッドからスタートしたダニエル・リカルド(レッドブル)が接触。リカルドはなんとかコース復帰したものの、バンドーンはこれでリタイアとなってしまう。

さらに10番グリッドからスタートしたエステバン・オコン(フォース・インディア)と11番グリッドスタートのロマン・グロージャン(ハース)が接触。スピンしたグロージャンにぶつけられてコース外に押し出される形となったオコンもここで無念のリタイアとなる。走行を続けることができていたグロージャンにはその後このクラッシュの原因を作ったとして10秒ペナルティーが科される。

■バンドーンは無念のリタイア

これらのクラッシュにより、レースは1周目にセーフティカーが導入される荒れたスタートとなってしまった。バンドーン、オコンに加えてハースのマグヌッセンもリタイアとなってしまう。

予選でクラッシュし、決勝をピットレーンからスタートしたメルセデスAMGのルイス・ハミルトンはこの間に一気に14番手にまで順位を上げた。6番グリッドからスタートしたマクラーレンのフェルナンド・アロンソもひとつ順位を上げて5番手に浮上した。

しかし、6周目にセーフティカーが解除されると、そのリスタートでこれが最後の母国レースとなるウィリアムズのフェリペ・マッサがアロンソをかわし、アロンソは6番手に順位を下げてしまう。

■アロンソはマッサを攻略できず

リスタートでトップの座を守ったベッテルは、少しずつボッタスとのギャップを開いていく。フェラーリのキミ・ライコネンがスタートポジションを守り、3番手で続いていく。ハミルトンはリスタートでさらに順位を上げ、8周目にはすでに11番手にまで浮上する。1周目のクラッシュでいったん最後尾にまで落ちたリカルドも14番手にまでばん回してきた。

ハミルトンは次々にほかのクルマを追い抜き、9周目にポイント圏内の10番手に上がると、11周目には8番手にまで順位アップするという驚異的なペースで上位勢を追い上げていく。その後も着々と順位を上げたハミルトンは、20周目にはアロンソを追い抜いて6番手にまで浮上する。

一方のアロンソはDRSを使いながらマッサを追いかけるものの、追い抜くには至らない。

■ライコネンとハミルトンが3位表彰台争い

71周で争われるレースが30周目に近づくころから上位勢がピットに入ってタイヤの交換を開始していく。そしてソフトタイヤでスタートしたハミルトンが30周目には暫定トップの位置についた。

ハミルトンは44周目にピットインし、5番手でコース復帰を果たす。レースが50周に到達するころには、リカルドがハミルトンに続く6番手にまで順位を上げ、それにマッサとアロンソが続く展開となる。

59周目にはハミルトンがフェルスタッペンをオーバーテイクして4番手に浮上。3番手を走行するライコネンとの差を縮め始める。

レースが残り5周となった66周目にはついにハミルトンがライコネンのDRS圏内に入ってくる。だが、ライコネンも懸命に防戦し、ハミルトンも簡単には追い抜くことができない。

■ベッテルが今季5回目のトップチェッカー

そして迎えたファイナルラップ、ベッテルがトップの座を守り切り先頭でチェッカーを受け、ボッタスがそれに続いた。3位にはハミルトンの激しい攻撃をしのいだライコネンが続いて3位表彰台を守った。

ファイナルラップではマッサ、アロンソ、セルジオ・ペレス(フォース・インディア)による激しい7位争いが展開される。アロンソはあとわずかというところまでマッサを追い詰めるが、ついに最後までとらえることができない。逆にフィニッシュラインの手前でペレスに並びかけられたアロンソだが、これをなんとかこらえて8位でチェッカーフラッグを受けた。

■決勝トップ10ドライバー(暫定)

優勝/セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)
2位/バルテリ・ボッタス(メルセデスAMG)
3位/キミ・ライコネン(フェラーリ)
4位/ルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)
5位/マックス・フェルスタッペン(レッドブル)
6位/ダニエル・リカルド(レッドブル)
7位/フェリペ・マッサ(ウィリアムズ)
8位/フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)
9位/セルジオ・ペレス(フォース・インディア)
10位/ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)

次戦2017年F1最終戦アブダビGPは11月24日(金)の現地時間13時(日本時間18時)に開幕。決勝は26日(日)の現地時間17時(日本時間22時)にスタートする。

●【動画】F1ブラジルGP決勝レース ハイライト映像
●【マクラーレン・ホンダ】アロンソ「スピードが不足しマッサを抜けなかった。最後は順位を守れてホッとした」
●【ホンダF1】「アロンソがすばらしいバトル。次のマクラーレン・ホンダとしての最終戦を飾りたい」
●【マクラーレン・ホンダ】負けん気の強いアロンソは攻め続け、まるで予選のような走りだった
●【マクラーレン・ホンダ】バンドーン「力強いスタートだったが、行き場を失った」

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック