ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

アロンソ、2018年のル・マン24時間挑戦を否定せず

2017年11月10日(金)16:48 pm

フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)が2018年に世界3大レースのひとつにあげられるル・マン24時間レースに出走することになりそうだとのうわさがささやかれている。

そして、このほどアロンソがそのうわさを否定しなかったと報じられている。

今週、アロンソがドイツのケルンにあるトヨタのファクトリーを訪れたと報じられた。そのファクトリーはル・マン24時間レースを擁するWEC(世界耐久選手権)に出場しているトヨタチームの拠点となっており、そこでアロンソがシート合わせを行ったようだと考えられている。

今週末にF1第19戦が開催されるブラジルを訪れたアロンソは、このことについて質問されると次のように答えた。

「そのニュースは僕も読んだよ。だけど、僕の方からコメントすることはないよ」

「僕はレースとレースの間にはいろんなところに行くことがあるし、そのうち分かると思うよ」

最新のうわさでは、アロンソが来週バーレーンでトヨタのLMP1マシンでテストを行うようだとも言われている。そのことについて尋ねられたアロンソは「今のところそういうことについてコメントできることは何もないんだ」と答え、次のように付け加えた。

「来週は家に帰る予定だし、時差が大きいところでのレースが続いたから少し休息をとって体調を整える機会にするつもりだよ」

アロンソは、2018年のル・マン24時間参戦のうわさについて、次のように付け加えた。

「来年そのレースに出ないとならないというプレッシャーなんてないんだ。僕はこの先何年もまだル・マンで走ることができる年齢だからね」

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック