ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【マクラーレン・ホンダ】ブラジルでは我々のパッケージの強みが発揮できるはず

2017年11月07日(火)16:44 pm

マクラーレンのエリック・ブーリエ(レーシングディレクター)が、インテルラゴス・サーキットで行われる2017年F1第19戦ブラジルGP(12日決勝)に向けて意気込みを語った。

●【画像】佐藤琢磨、安倍首相主催のトランプ大統領を歓迎する晩餐会に出席、NSXで迎賓館へ

■エリック・ブーリエ(レーシングディレクター)

「今季最後から2つ目のレース週末を迎えるが、インテルラゴスはいつ訪れても素晴らしいし、マクラーレンにとっても何度となくドラマチックで感動的なシーンが展開されたところだ。起伏に富んだサーキット特性はカレンダーの中でも非常に有名な構成となっているし、クルマやドライバーだけでなくチーム全体にとって本当の試練となる」

「シーズンの中では何が起きても不思議ではないところとして知られているし、実際にしばしばそうしたことが起きるところだ。だからメカニックやエンジニア、そして戦略担当にとっても難しさがある。この容赦ないサーキットではしばしば天候がドラマを生むことがあるからね。確実にポイントがとれるか、あるいはそうではないかの違いは、天候状況によりすべてのチームの戦略担当が打つさまざまなギャンブルによることが多い。そうしたことによってこのレース週末はカレンダーの中でも最高にワクワクするもののひとつとなっている」

「マクラーレンとしては、今週末には慎重な楽観主義で臨むことになる。統計的に見てこのサーキットはこの前に訪れた2つのサーキットよりも我々のパッケージの強みに合っているはずだ。我々のドライバーたちはどちらも今週末に向けて準備が整っているし、チームの全員が素晴らしいブラジルの観客から常に受ける伝統的な歓迎を楽しみにしている。毎年我々に期待してくれている情熱的なファンのために素晴らしいショーを提供できればと望んでいるし、今週末をいい結果で終えたいと思っている」

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック