ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【マクラーレン・ホンダ】アロンソ「クルマは最高だったけど、スピード不足で9位は守れなかった」

2017年10月30日(月)19:34 pm

フェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ホンダ)は、F1メキシコGP決勝レースを次のように振り返った。

●【決勝結果】F1メキシコGP決勝レースのタイム差、周回数、ピット回数

■フェルナンド・アロンソ
MCL32-05
スタート:18番グリッド(PU交換で20グリッド降格ペナルティ)
フィニッシュ:10位
ファステストラップ:1分21.014秒 50周目(+2.229秒、11番目)
ピットストップ1回: 32周(停止時間3.20秒)[プライム/オプション]

「全般的には、ポイントを獲得できたし、グリッドの後ろからスタートしたことを考えれば良いレースだった。
クルマは週末を通してすごくいい感じだった。コーナーでは強く、レース中は良いハンドリングと良いバランスが取れていたよ。

ストレートで攻撃や防御をするためのスピードが少し足りなかったから、レースの半分でザウバーの後ろから抜けらなかったんだ。そして、何周にも渡って(ケビン・)マグヌッセンをパスすることができなかった。

彼とのバトルを終えてDRSが使えなくなるとすぐに、すごく攻撃をされやすくなったから、最終的にルイス(・ハミルトン)からポジションを守るためには何もできなかったと思っている。

毎回少しずつブレーキを遅らせてポジションを守ろうとしたけれど、9位とポイントを守ることはできなかった。

良いバトルだったけど、同じクルマを持っていない時は難しいものさ。

次はブラジルだ。もう少しポイントを獲得できるようトライするよ」

【関連記事】
●【ホンダF1】「PUは問題なく完走、直線が多い中でもスピードを見せられた」
●【マクラーレン・ホンダ】「パワー不足の中で2台とも力強い走り。来年ハミルトンとバトルしたい」
●【マクラーレン・ホンダ】バンドーン「驚くようなスタートだったけど、直線でのスピード不足は大きすぎる」
●【クラッシュ動画】正面、空撮、車載カメラ映像で分析・・・1周目、焦ったベッテルがフェルスタッペン、ハミルトンと接触

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック