ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【ウィリアムズ】ストロール「タイヤを使えなかった。ポイント獲得できる」

2017年10月29日(日)5:30 am

F1メキシコGPの予選を終え、ウィリアムズのランス・ストロールは次のように振り返った。

●【予選タイム結果】F1メキシコGP予選Q1-Q2-Q3のタイム、周回数

■ランス・ストロール(ウィリアムズ)

「完璧な仕事ではなかったよ。Q1はOKだった。Q2の最初の走行ではラップの始めは良かったけど、その後はイエローが出た。

その後、次の走行ではタイヤをうまく使うことができず、多くのミスを犯してしまい、実際にラップタイムを記録しなかったんだ。

最後にラップタイムを記録したけど、Q3に入るにはすごく難しかったと思う。12番手でスタートするし、明日は長いレースになる。中団にいるからポイント獲得は可能だと思う。

僕たちはいくつか整理して、良いレースをしたい。標高が高いから誰にとっても厳しいだろうね」

【関連記事】
●【レッドブル】ホンダ?“何か”が進行中?・・・フェルスタッペン、未来のエンジンは「心配無用」
●【マクラーレン・ホンダ】アロンソ「トップと0.2秒差、クルマは最高に気持ちよかったし楽しかった!」
●【ハイライト映像】アロンソ、予選“9番手以上”の好タイム/F1メキシコGP
●【予選レポート】ベッテルが意地のポール マクラーレン・ホンダ勢はQ3進出を回避/F1メキシコGP
●【予選Q2速報】マクラーレン・ホンダ、“戦わない予選”/F1メキシコGP予選

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック