ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【マクラーレン・ホンダ】アロンソ「アップデートも期待通り、マシンは良い感触」/F1アメリカGP予選

2017年10月22日(日)18:43 pm

マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソは、F1アメリカGP予選を次のように振り返った。

●【予選結果】F1アメリカGPのQ1-Q2-Q3タイム、周回数

■フェルナンド・アロンソ
MCL32-05
FP3 13番手 1分36.239秒(トップとの差 +1.761秒) 15周
Q1 8番手 1分35.712秒(オプションタイヤ)
Q2 9番手 1分35.046秒(オプションタイヤ)
Q3 9番手(※) 1分35.007秒(オプションタイヤ)
※フェルスタッペンがグリッド降格ペナルティーを受けるため、決勝は8番からスタート

「現地入りするまでは、ここでの我々の競争力は期待通りのレベルではないかもしれないと少し心配していたが、実際にコース上でマシンを走らせると、すぐにかなりいいパフォーマンスを発揮した。各セッションでトップ10圏内に入ったことは、うれしいサプライズだったよ。今回はアップデートをいくつか持ち込んでおり、期待通りの効果を発揮しているようだ。

今日は、マシンに対して非常にいい感触があった。ただ、今日は難しいコンディションとなり、予選では高温と強風に見舞われ、グリップは予想よりも低いレベルだった。そのようなコンディションでは、我々のマシンはすばらしいパフォーマンスを発揮するんだ。Q2ではいいラップを走行してQ3進出を果たし、最終的に予選9番手となった。

明日の決勝では、フェルスタッペンがグリッド降格ペナルティーを受けるため、8番手からスタートする。従って、ポイント獲得に向けて大きなチャンスがあると考えているよ。

ストレートでのスピードがほかのチームよりも劣っていることは分かっているし、1周目は集団の中で走行するためにアクシデントに巻き込まれる可能性もある。ただ、1周目を終えて各マシンがそれぞれのポジションに落ち着いたら、高速区間ではライバルチームのマシンとの差を広げて、自分たちのポジションをいつもよりもうまく守れるかもしれないね。

アメリカのファンのみんなの前で、レースができるのをとても楽しみにしているよ。明日はすばらしいレースが展開されると思うよ!」

●【動画】F1アメリカGP予選ハイライト映像
●【マクラーレン・ホンダ】バンドーン「新ウィングの時は良かったけど・・・バランスが良くない」/F1アメリカGP予選
●【マクラーレン・ホンダ】「予選ではアロンソを優先した」その理由は?
●【ホンダF1】「PUには大きな問題はなく、想定通りのパフォーマンス」
●【マクラーレン・ホンダ】予選の戦い方とは?バンドーンはハンドリングに苦しむ

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック