ホンダ勝てば「マクラーレンは愚か」

【WEC】小林可夢偉、初日をトップタイムで締めくくる/WEC富士6時間フリー走行2回目

2017年10月13日(金)17:13 pm

2017 FIA 世界耐久選手権(WEC)第7戦『富士6時間耐久レース』が13日(金)開幕、15時30から17時までフリー走行2回目が行われた。

この週末の天気予報は雨。予報通り金曜日も午前中から雨が降っており、気温は12℃。昨日との気温差は17℃もある。

フリー走行2回目のトップタイム1分39.202秒を記録したのは、TOYOTA GAZOO Racing7号車の小林可夢偉。2番手は1.321秒差でポルシェ1号車のニール・ジャニ。

3番手は、TOYOTA GAZOO Racing8号車をドライブする中嶋一貴で、可夢偉から2.211秒差だった。

17時にセッションが終わったが、すでにサーキットは暗くなっている。日曜日の決勝レースも同じ17時に終了するため、視界の確保も重要な要素になる。

明日のフリー走行3回目は午前10時30分から、予選は14時30分から行われる。

●【WEC】ポルシェ、日本で“最後の戦い”へ トヨタの“ホーム”富士で雨の中1-2体制/WEC富士6時間フリー走行1回目
●【WEC】トヨタ、ポルシェと日本で“最後の戦い” 来季の参戦はあるのか?

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック