ホンダ勝てば「マクラーレンは愚か」

今後も最終戦としての開催を希望するアブダビGP

2017年10月12日(木)5:15 am

アブダビは、今後もF1シーズン最終戦の開催地という位置をキープしたいと考えているようだ。

2009年からヤス・マリーナ・サーキットで開催されてきたアブダビGPだが、2011年から2013年までを除いて、そのほかの年はすべて最終戦として開催されてきている。

今季は当初最終戦までドライバーズタイトルのゆくえが決着を見ないだろうと言われていたが、ここへきてフェラーリのセバスチャン・ベッテルが一気に失速。最終戦を待たずにハミルトンの通算4度目のF1タイトル獲得が実現される可能性が高くなってきている。

しかし、今後もシーズン最終戦の位置をキープすることがアブダビの希望のようだ。

ヤス・マリーナ・サーキットの責任者であるタレク・アル・アメリは、『Gulf News(ガルフ・ニュース)』に次のように語った。

「これまでにもタイトルがすでに決した状態のときもあった。だからといってそれで我々のレースの価値が下がるとは思わない」

「我々は最終戦としてやり続けられれば満足だし、リバティ(F1新オーナーのリバティ・メディア)のグループと話し合いもしているところだ」

そう述べたアル・アメリは、次のように付け加えた。

「ここまでのところ、我々はどちらもそうするのが正解だと考えているよ」

今年は11月26日に決勝が予定されているアブダビGPだが、年間21戦が予定されている2018年も最終戦として位置付けられている。

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック