ホンダ勝てば「マクラーレンは愚か」

レッドブル「2020年までは現行ドライバー体制で行きたい」

2017年10月10日(火)18:13 pm

レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーが、少なくとも2020年までは現在ドライバーを務めているダニエル・リカルドとマックス・フェルスタッペン体制で行きたいと考えていることを認めた。

レッドブルの育成ドライバーとしてここまでのF1キャリアを歩んできたオーストラリア出身ドライバーのリカルドだが、現在の契約は2018年限りで満期を迎えることになる。

レッドブルのドライバー育成責任者として知られるヘルムート・マルコは、リカルドがすでに「市場に出ている」と語り、2019年以降リカルドがレッドブルを離脱する可能性を示唆している。

「厳密に言えば、ヘルムートは正しいよ」

オランダの『De Telegraaf(テレグラーフ)』を含む国際的なメディアにそう語ったホーナーは、次のように続けた。

「ダニエルの契約は2018年末に満期を迎える。そして彼はこれまでのキャリアで初めてフリーエージェントになるわけだ」

「だけど、それは我々が彼との継続を望まないという意味ではない」

「我々は長期的にマックスとダニエルと続けていきたいと思っている。ダニエルの経験とマックスの若い情熱による勢いがすごくうまく機能しているからね」

「そして、ダニエルは非常に一貫性のあるシーズンを送っているし、ここまでに9回も表彰台に上っている」

「我々がこの2人をキープすることを目指すのは間違いないし、少なくとも2020年まではそうしたいと思っているよ」

そのホーナーは、仮に2018年シーズンまででリカルドあるいはフェルスタッペンがチームを去るようなことがあれば、2018年にルノーにレンタル移籍するカルロス・サインツに2019年のレッドブルのシートを与える可能性もあると認めている。

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック