ホンダ勝てば「マクラーレンは愚か」

【動画】ベッテル、スパークプラグの信頼性問題でリタイア・・・王者争いに黄色信号

2017年10月09日(月)20:42 pm

F1日本GP決勝レース、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が4周を終えたところでピットに戻ってリタイアした。

スタート直後から「パワーが出ない」と苦しんでいたベッテルだが、ピットは無線で「リタイアしよう」と伝え、ベッテルはピットに戻ってしまっていた。

その後、フェラーリはリタイアの理由を「スパークプラグの不調」と発表した。

チャンピオンシップ争いをしているベッテルだが、シリーズランキング1位のルイス・ハミルトン(メルセデス)は鈴鹿でトップを走行しており、非常に厳しい厳しい状況に追い込まれた。

●(1:36)[F1.comへ]

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック