ホンダ勝てば「マクラーレンは愚か」

【マクラーレン・ホンダ】バンドーン「忘れたい・・・鈴鹿のファンの前で一人寂しくドライブ」

2017年10月09日(月)0:24 am

マクラーレン・ホンダのストフェル・バンドーンは、F1日本GP決勝レースを次のように振り返った。

●【決勝レース結果】2017年F1第16戦日本GPのタイム、周回数、ピット回数

■ストフェル・バンドーン
MCL32-03

スタート 9番手
レース結果 14位
ファステストラップ 1分33.724秒 49周目(トップとの差+0.580秒、4番手)
ピットストップ 2回:9周目(ピットストップ時間2.72秒)および34周目(ピットストップ時間2.74秒)[オプション→プライム→オプション]

「ここ2戦はいいレースをしてきたものの、今日のレースは忘れるべき内容となった。スタートはまずまずだったけど、2コーナーに差し掛かったときに、どのドライバーも自分のスペースを探しており、その後、キミ・ライコネンにぶつけられた。意図的に衝突したわけではないと思う。単に、場所とタイミングが悪かっただけだ。

それ以降は、思うような展開にはならなかったんだ。後方までポジションを落とし、チェッカーフラッグを受けるまで、一人寂しくドライブする形になった。鈴鹿は非常に特別な場所なので、今日グランドスタンドを埋め尽くした大勢のファンのために、いい結果を出せなかったことが残念だ。

アジアで行われたここ3戦は、それぞれ難しいレースだったし、チームのメンバーはこのあと少し休憩が必要だ。ここ3戦は、チームがすばらしい仕事をしてくれたよ。まずはヨーロッパに戻り、今シーズン残り4戦でまたハードな戦いができるようにしたいと思う」。

●【TV】フジテレビ、BSフジでF1日本GPを無料放送!“最後”のマクラーレン・ホンダを観るチャンス

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック