ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【マクラーレン・ホンダ】バンドーン「トップ10圏内からスタートできるし悪くない。1ストップか2ストップか迷う」/F1日本GP予選

2017年10月07日(土)19:48 pm

マクラーレン・ホンダのストフェル・バンドーンは、F1日本GP予選を次のように振り返った。

●【ホンダF1】ホンダが鈴鹿で語る、トロロッソ製ギアボックスは問題ないのか?

■ストフェル・バンドーン
MCL32-03

FP3 12番手 1分30.770秒 (+1.715秒) 18周
Q1 13番手 1分30.654秒 (オプション)
Q2 11番手 1分29.778秒 (オプション)
Q3 -
※フェルナンド・アロンソ、キミ・ライコネン(フェラーリ)、セルジオ・ペレス(フォース・インディア)のグリッド降格ペナルティにより、9番グリッドからスタートする予定。

「僕にとっては、かなりいいセッションだった。Q3進出を逃したことで、明日のレースでは新品のタイヤを履いてスタートできるので、それほど悪い結果ではない。8番手または9番手というのは、そこそこいいグリッドだし、新品タイヤを装着できることを考えると、明日はいい一日になるはずだよ。

今のところ、今週末は走行時間が限られているけど、それはどのドライバーも同じだ。ただ我々は、タイヤのパフォーマンスや寿命、そして効率のよいタイヤの使用方法については、よく理解していると思うので、明日はそれを活かせるようにするよ。

決勝での戦略を1ストップまたは2ストップのどちらにするのかは、まだ決めかねているんだ。その点も、自分たちのメリットとして活かせるようにしたいと思う。予選ポジションは、悪くない。このポジションからであれば、確実にレースで戦うことができるよ」。

●【予選結果】F1日本GPのQ1-Q2-Q3タイム、周回数

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック