ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【マクラーレン・ホンダ】アロンソ「ファンの前で良い仕事ができた。レースはトップ10目指す」/F1日本GP予選

2017年10月07日(土)19:26 pm

マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソは、F1日本GP予選を次のように振り返った。

●【TV】フジテレビ、BSフジでF1日本GPを無料放送!“最後”のマクラーレン・ホンダを観るチャンス

■フェルナンド・アロンソ
MCL32-02

FP3 8番手 1分30.424秒 (+1.369s) 13周
Q1 12番手 1分30.525秒 (オプション)
Q2 10番手 1分29.829秒 (オプション)
Q3 10番手 1分30.687秒 (オプション)
※PU交換ペナルティにより35グリッド降格となり、20番手からスタート

「昨夜のPU交換により、明日の決勝を最後尾からスタートすることは分かっていたので、今日の予選は我々にとってそれほど重要ではなかった。それでも、いつも通り予選を行い、プッシュしたいと考えていたんだ。今日は大勢のファン、そして多くのホンダのサポーターが会場に足を運んでくれた。そんなみんなの声援に応えるためにも、まずまずの仕事ができたと思う。

もちろん、明日のレースは今日とはずいぶん違う展開になるだろう。最後尾からのスタートとなるので、そこから順位を上げるのはかなり難しいと思う。それでも、トップ10との差を少しでも詰めるために、できる限りのことをするつもりだよ。

ここでは、(ペナルティーを受けない)通常の週末であっても、ポイント獲得を目標にするのは難しいと考えている。高速コーナーが連続するコースでは、前方のマシンに追従するのは容易ではない。今回は最後尾からスタートするので、少しでもポジションを上げるには、前方でのアクシデントが必要となると思っているよ」。

●【公式】F1日本GPスターティンググリッド
●【予選結果】F1日本GPのQ1-Q2-Q3タイム、周回数
●【ホンダF1】ホンダが鈴鹿で語る、トロロッソ製ギアボックスは問題ないのか?

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック