バーニー、マクラーレンを批判

「ペイドライバー」はビジネスモデルに合わないとジーン・ハース

2017年09月10日(日)17:21 pm

チームに資金を持ち込む「ペイドライバー」を採用しない理由を、ハースF1のオーナー、ジーン・ハースが語った。

アメリカのハースF1は、F1に初参戦した2016年に、エンジンを供給するフェラーリとメキシコのスポンサーを後ろ盾にもつエステバン・グティエレスを採用した。

しかし、グティエレスの結果が伴わなかったことを受けて、今年はケビン・マグヌッセンを起用。現在チーム別のコンストラクター選手権で、ワークスのルノーF1を抑えて7番手に付けている。

フェラーリは育成ドライバーのアントニオ・ジョヴィナッツィやシャルル・ルクレールにF1のシートを与えようと動いているが、ハースは2018年もマグヌッセンとロマン・グロージャンのペアを維持することを発表した。

「ペイドライバー」は今後一切採用しないのかと聞かれると、ジーン・ハースはこう答えている。

「いや、完全に除外しているわけではないと思う」

「ただ、ビジネスモデルとしてあまり理にかなっていないんだよ」

「1台のクルマを1シーズン走らせるには6000万ドル(約65億円)かかることは秘密ではない。フェラーリに限らず、誰かがドライバーをよこして、5~600万ドルを支払ってくれたとしても、まだ5500万ドルの不足だ」

「われわれの考え方は常に、まずポイントを獲得する必要がある、それで資金を作って前進しようというものだった。つまり、それがわれわれのビジネスモデルなんだ」

「それはフェラーリも尊重してくれていると思う。それを踏まえた上で、互いに合意に至るような場合は、おそらく(ペイドライバーを採用する)可能性を考慮するだろう」

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック