ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【動画】セナ、シューマッハを超えたハミルトン。F1ポールポジション記録の歴史/F1イタリアGP

2017年09月03日(日)6:18 am

F1第13戦イタリアGP予選で、ルイス・ハミルトン(メルセデス)がF1史上最多となる69回目のポールポジションを獲得した。これはミハエル・シューマッハの68回を塗り替える大記録だ。

F1公式サイトはハミルトンの偉業を祝し、ポールポジション記録の歴史を振り返る動画を公開した。

■1:【F1初のポールポジション】ジュゼッペ・アントニオ・ファリーナ

1950年に始まったF1世界選手権の開幕戦イギリスGP(シルバーストーン)でF1初のポールシッターとなったのがジュゼッペ・アントニオ・ファリーナだ。愛称のニーノ・ファリーナとも呼ばれ、初代F1チャンピオンでもある。叔父は『ピニンファリーナ』の創業者だ。

■29:ファン・マヌエル・ファンジオ

5度のF1世界チャンピオンに輝いたファン・マヌエル・ファンジオのポールポジション記録は29回だ。

■33:ジム・クラーク/アラン・プロスト

2度のF1世界チャンピオンに輝いたジム・クラークと、4度のF1世界チャンピオンに輝いたアラン・プロストは、ともに33回のポールポジションを獲得している。

■65:アイルトン・セナ

1989年F1アメリカGPでジム・クラークの記録を破り、当時F1史上最多となる34回目のポールポジションを獲得したアイルトン・セナは「20年以上の時を経てジム・クラークを超えたことは特別な体験だ」と語っている。

■68:ミハエル・シューマッハ

1994年のF1サンマリノGPでアイルトン・セナが事故死してから12年後の2006年、ミハエル・シューマッハは同じサンマリノGPでアイルトン・セナを超える66回目のポールポジションを獲得した。その後、ポールポジション記録を68に伸ばして1度目の現役引退をしている。

■69:ルイス・ハミルトン

ルイス・ハミルトンは、2017年F1ベルギーGPでミハエル・シューマッハのポールポジション記録に並ぶと、続くF1イタリアGPでポールポジション記録を塗り替えた。

●【動画】セナ、シューマッハを超えたハミルトン。F1ポールポジション記録の歴史/F1イタリアGP(2:51)[F1.comへ]

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック