マクラーレン・ホンダ、続行に光

【ホンダF1】シーズン後半の目標はルノー逆転

2017年08月10日(木)17:18 pm

ホンダは2017年F1シーズン後半にライバルであるルノーを追い抜くことを目指している。

【ランキング】F1ハンガリーGP終了後のポイントランキング

現時点では来季以降マクラーレンとホンダの関係がこのまま継続されるのかどうか不透明な状況となっている。だが、ホンダは現在のパワーユニット開発をさらに推し進めていく考えだ。

■ハンガリーで大きな進展を見せたホンダ

夏休み前最後のレースであった第11戦ハンガリーGPではホンダも週末を通じて大きなトラブルに見舞われることなく2台ともに予選Q3に進出し、今季初めて2台そろってのポイント獲得を達成。

さらにその翌週に同じハンガロリンクで開催されたF1公式シーズン内テストも2日とも2番手タイムを刻むという好結果で終えることができている。

そして、夏休み明けに行われる第12戦ベルギーGP(27日決勝)には、スペック4と呼ばれる改良パワーユニットを投入すべく、現在その準備が進められていると伝えられている。

■パワー向上ができればルノーを追い抜ける

ホンダF1プロジェクト責任者の長谷川祐介は、ドイツの『Speedweek(スピードウィーク)』に次のように語っている。

「パフォーマンスに関しては改善を続けることができます。しかし、フェラーリやメルセデスに追いつくことは難しいでしょうね」

「ですが、シーズンが終わるまでには、ルノーは追い抜きたいと思っています」

「ドライバーたちも今ではエンジンのドライバビリティーに満足していますし、あとはもっとパワーを上げるだけです。現在、それに取り組んでいるところです」

■改善度合いによっては昨年並みの位置も可能

伝えられるところによれば、マクラーレンでは9月には来季のエンジンサプライヤーを決定したいと考えているようだ。だが、マクラーレンのレーシングディレクターを務めるエリック・ブーリエは、いずれにしてもシーズン後半にホンダパワーユニットがさらに改善されることを強く期待しているとスペインの『El Confidencial(コンフィデンシアル)』に次のように語った。

「シーズン後半には、少なくとも昨年同等の競争力を得られるよう懸命に取り組んでいるよ」

2016年シーズンはコンストラクターズランキング6位で終えたマクラーレン・ホンダだが、今年はハンガリーGPで最下位からの脱出を果たし、現時点ではルノーに次ぐ9番手に位置している。

現時点でのルノーとのポイント差は15ポイントであり、今後ホンダパワーユニットの信頼性とパフォーマンスが向上していけば十分に逆転可能な状態だ。さらに、現在ランキング5番手のウィリアムズとのポイント差も30ポイントとなっており、今後の進展いかんによっては昨年同様中団まで順位を上げることも不可能ではないだろう。

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック