ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【マクラーレン・ホンダ】バンドーン「タイムは拮抗、かなり良い週末」

2017年07月09日(日)7:46 am

マクラーレン・ホンダのストフェル・バンドーンは、F1オーストリアGP予選を次のように振り返った。

●【予選タイム結果】2017年F1第9戦オーストリアGP予選Q1-Q2-Q3タイム、周回数

■ストフェル・バンドーン
FP3:1分06.578秒(トップとの差 +1.486秒) 18周 13番手
【予選】
Q1:1分06.316秒(オプションタイヤ) 15番手
Q2:1分05.741秒(オプションタイヤ) 13番手

「今のところ、我々にとってはかなりいい週末になっていると思うよ。

フリー走行はどのセッションもうまくいったし、予選はおおむね予想通りだった。予選でのラップタイムは非常に拮抗しており、とても細かい部分のわずかな差で順位が決定した。あと0.2秒速ければ、Q3に進出していたのではないかと思っている。今日は、マシンに対して行うアップデートのどれもがパフォーマンスの改善につながることがよく分かる一日だった。どんな改善も手助けとなるよ。

私たちが正しい方向に向かっていることは確かだ。パフォーマンス面でのどんなアップデートもうれしいものだが、我々はまだまだプッシュし続ける必要がある」

●【マクラーレン・ホンダ】ホンダエンジンの不思議なサウンドを観客席で聞いたヒュルケンベルグ
●【マクラーレン・ホンダ】アロンソ「旧式でも12番手はポジティブだ。ポイント獲得のチャンス」
●【ホンダF1】「スペック3で2台Q3進出狙ったが・・・アロンソのPUに異常発生」
●【マクラーレン・ホンダ】ブーリエ「トップ10を逃し少し残念・・・これが今の実力」
●【マクラーレン・ホンダ】「トップ10まで僅差の0.052秒。入賞に向けて力強いポジションを獲得」

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック