ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【WRC】トヨタのラトバラ、初日4位発進「クルマは良い、路面コンディションが不安定」

2017年06月30日(金)12:03 pm

6月29日(木)、2017年FIA世界ラリー選手権(WRC)第8戦ラリー・ポーランドが、ポーランド北東部のミコワイキで開幕。

競技初日デイ1として、スーパーSS1本が特設コースのミコワイキ・アリーナで行われ、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamのヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ組(ヤリスWRC #10号車)が総合4位、エサペッカ・ラッピ/ヤンネ・フェルム組(ヤリスWRC#12号車)が総合6位、ユホ・ハンニネン/カイ・リンドストローム組(ヤリスWRC#11号車)が総合34位となった。

■ヤリ-マティ・ラトバラ (ヤリスWRC #10号車)

「シェイクダウンでクルマは良い感じでしたが、路面コンディションが一定ではなかったので、正確なフィーリングを得るのは簡単ではありませんでした。それでも、タイムには満足しています。スーパーSSのスタートでは小さなミスをしてしまいましたが、クルマのフィーリングはよくなり、順位も良い位置につけられたので、明日以降が楽しみです」。

■ラリー・ポーランド デイ1の結果

1 エルフィン・エバンス/ダニエル・バリット (フォード フィエスタ WRC) 1m44.4s
2 ティエリー・ヌービル/ニコラス・ジルソー (ヒュンダイ i20 クーペ WRC) +0.8s
3 セバスチャン・オジエ/ジュリアン・イングラシア (フォード フィエスタ WRC) +0.9s
4 ヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ (トヨタ ヤリス WRC) +1.3s
5 オット・タナック/マルティン・ヤルヴェオヤ (フォード フィエスタ WRC) +1.4s
6 エサペッカ・ラッピ/ヤンネ・フェルム (トヨタ ヤリス WRC) +1.5s
7 ヘイデン・パッドン/セバスチャン・マーシャル(ヒュンダイ i20 クーペ WRC) +1.5s
8 ステファン・ルフェーブル/ギャバン・モロー (シトロエン C3 WRC) +1.5s
9 アンドレアス・ミケルセン/アンダース・ジーガー (シトロエン C3 WRC) +1.6s
10 ダニ・ソルド/マルク・マルティ (ヒュンダイ i20 クーペ WRC) +1.8s
34 ユホ・ハンニネン/カイ・リンドストローム (トヨタ ヤリス WRC) +11.8s

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック