ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【動画】フォース・インディア同士打ち!今後どうする?/F1アゼルバイジャンGP

2017年06月26日(月)2:05 am

F1アゼルバイジャンGP決勝レースで、フォース・インディアが同士打ちするシーンが公開された。これによりチームは2台入賞のチャンスを逃してしまった。

●【レース結果】2017年F1第8戦アゼルバイジャンGPの順位、周回数、ピット回数

セーフティカー後のレース再開直後、フォース・インディアのセルジオ・ペレスのン側にエステバン・オコンが飛び込み、同士打ちとなってしまった。

オコンは右リアタイヤをパンクし、ペレスはフロントウィングを壊してしまう。ペレスはピットに戻りフロントウィングを交換したが、他へのダメージが大きくそのままガレージへクルマを入れてリタイアを選択した。

しかし、その直後の赤旗中断中にペレスのクルーはガレージ内で修復、見事コースに戻したが、走行中に「シートが動く」という珍しいトラブルにより再びリタイアを選択している。

結果的にはエステバン・オコンが6位入賞を果たしている。

■前戦から続くチーム内バトル

前戦F1カナダGP決勝レースで、セルジオ・ペレスはチームオーダーを無視して新しいタイヤを履いていたエステバン・オコンを抜かせることはなかった。この行為に対してオコンは「フラストレーションが溜まる」と答えていた。

レース後、コンストラクター選手権ではフォース・インディアは4位につけており、3位レッドブルを58ポイント差で追う展開だ。またドライバー選手権では、セルジオ・ペレスが7位、9ポイント差でエステバン・オコンが8位と争っている。

レッドブルを捕らえたいチームとしては、今後、対策を取る必要性があるかもしれない。

●【動画】フォース・インディア同士打ち!今後どうする?(0:31)[F1.comへ]

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック