ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【レース速報】リカルド優勝、新人ストロール0.1秒差の3位!アロンソ初入賞!/大荒れのF1アゼルバイジャンGP

2017年06月26日(月)0:10 am

F1アゼルバイジャンGP決勝レースが日本時間25日(日)22時にスタートし、3回のセーフティーカー出動と赤旗中断を挟み、スタートから2時間を越える大荒れのレースとなった。

●【レース結果】2017年F1第8戦アゼルバイジャンGPの順位、周回数、ピット回数

接触、トラブル、ペナルティなどで上位勢が次々と崩れていく中、トップでチェッカーを受けたのはダニエル・リカルド(レッドブル)だった。

2位は序盤の接触により下位に落ちていたバルテリ・ボッタス(メルセデス)、3位はここまで苦戦してきた18歳の新人ランス・ストロール(ウィリアムズ)だった。最後の長いストレートでDRSゾーンに入った3番手ボッタスが、2番手ストロールを捕らえて0.1秒差で2位となった。

19番グリッドからスタートしたフェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ホンダ)は、9位で今季初入賞を果たした。

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック