ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【暫定スターティンググリッド】マクラーレン・ホンダ、合計75グリッド降格/F1アゼルバイジャンGP

2017年06月25日(日)7:49 am

FIA(国際自動車連盟)は、F1アゼルバイジャンGPの暫定スターティンググリッドを発表した。

●【暫定スターティンググリッド】2017年F1第8戦アゼルバイジャンGP

ペナルティを科せられたのは、カルロス・サインツ(トロロッソ)、フェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ホンダ)、ストフェル・バンドーン(マクラーレン・ホンダ)の3名だ。

■カルロス・サインツ(トロロッソ)

カルロス・サインツは前戦の事故の原因を作ったとして3グリッド降格となった。
暫定スターティンググリッドでは、15番グリッドとなっている。

■フェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ホンダ)

フェルナンド・アロンソは最新のホンダ・パワーユニット「スペック3」で挑んだことで15グリッド降格が決まっていたが、フリー走行2回目でのギアボックス破損によりPUにもダメージを受けたため交換。さらに追加で25グリッド降格となり、合計40グリッド降格ペナルティとなった。

暫定スターティンググリッドでは、19番グリッドとなっている。

■ストフェル・バンドーン(マクラーレン・ホンダ)

ストフェル・バンドーンもパワーユニット交換をしたため30グリッド降格、さらにギアボックス交換をしたため5グリッド降格、合計で35グリッド降格となった。

暫定スターティンググリッドでは、18番グリッドとなっている。

■ジョリオン・パーマー(ルノー)はレース出場許可

ジョリオン・パーマーはフリー走行3回目でクルマから火が出てしまったため、予選はノータイムだった。しかし、フリー走行で十分な速さを示していたため、最後尾からレース出場を認められている。

●【マクラーレン・ホンダ】アロンソ「戦闘力は足らない。まずは完走だ」
●【マクラーレン・ホンダ】バンドーン「明日はどんなチャンスも見逃さず」
●【マクラーレン・ホンダ】「明日はすべてを投じて戦う」
●【ホンダF1】「チャンスに乗じてポイントを」

■予選
●【予選結果】F1アゼルバイジャンGPのQ1-Q2-Q3タイム、周回数
●【予選レポート】セナを超えた!ハミルトンが歴代ポール獲得単独2位に浮上/F1アゼルバイジャンGP
●【予選Q1速報】マクラーレン・ホンダ、2台とも予選Q1落ち/F1アゼルバイジャンGP予選
●【予選ハイライト映像】ハミルトン、フェラーリに1秒差
●【車載映像:予選】ハミルトン、セナを超える66回目のポールポジションラップ

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック